NPOとブロックチェーン

きっかけ

先日、プロブロガーのイケダハヤトさんが、『ブロックチェーンNPO業界に与える5つの変化。』と言う記事を書いておりました。

www.ikedahayato.com

僕自身、NPOブロックチェーンの関わりに注目していたこともありとても共感を受けました。

僕がブロックチェーンに魅力を感じている部分は、どんなに立場が違ったり、過去の境遇に関係無く、それらの影響を受けずに平等にテクノロジーのパワーを分配できるポテンシャルがあると考えているからです。

そして、それはよりソーシャルな領域に生かすことができると考えています。

その1つが、NPOなどの寄付事業です。

ブロックチェーンの特徴である透明性は、寄付事業にとても効果的です。 

 

寄付事業を透明にするメリット

現在の寄付事業における不透明性は、せっかく寄付したいと思っている人の気持ちにブレーキをかけてしまっているのが現状です。

実際に寄付したお金が本当に正しく使われているのか、寄付したお金にトレーサビリティが無いことで寄付したい気持ちがあったとしても躊躇してしまいます。

すべてが悪意のある慈善では無いと思いますが、ほんの一握りでも悪意に寄付金を集めている団体があるだけで、寄付する側としても不安にかられてしまいます。

 

これに対して、ブロックチェーンの透明性は有力な解決策となります。

ブロックチェーンの代表格であるBitcoinは、通貨の取引が公開されており、不正な取引が無いか参加者同士で取引の検証を行うことができます。

この特徴を寄付事業に関しても適用することで、寄付事業に対して信頼を持つことができると考えています。(悪意のある事業を検証により淘汰できます。)

寄付したことが公開され、寄付金にトレーサビリティが備わることで、寄付金が正しく使われたかを確認できるようになります。

また、寄付金により支援先に効果があったことが共有されれば、寄付を行なっていない方に対しても、寄付に興味を促す機会を増やすことになります。

それは、NPOにおけるマーケティング費を抑えることに繋がります。

 

ブロックチェーンを利用した寄付事業

既に寄付事業をブロックチェーンで解決しようというプロジェクトはかなりの数が立ち上がっています。(海外含めて)

寄付プラットフォーム「dona」 - 世界をちょっとよくするコイン

AidCoin - The token for the new era of giving

Fountain Connect

特にデジタル通貨を利用した寄付金を募るプロジェクトが多いですが、

これはブロックチェーンが今のところはデジタル資産に対してのみ有力とされているからでしょうか?

 

たしかに、リアルなモノに対して透明性や非改ざん性を保つことは難しいと思います。モノに対してIDを貼り、そのIDをネットワークにて管理するのが一つの方法だと思いますが、ネットワークの先にあるモノが見えるわけではないので…。

ただ、100パーセント防ぐことは難しいですが、そのネットワークをコミュニティとして管理することで、悪意のある行為は減らせるのではないかと思います。

 

ブロックチェーンと寄付事業への期待

僕が期待するブロックチェーンを活用できる寄付事業は献血です。

 

恥ずかしながら先日久しぶりに献血へ行ったわけですが、献血することでアニメのキャラクターグッズが貰えたり、お菓子やキャンペーン?品をもらえたり、マーケティング費用がものすごく掛かっているのではないかと感じました。

このマーケティング費を落としつつ、献血を募集するには何かしらのゲーミフィケーション的な要素も必要ではと感じています。

 

その有効な手段としてブロックチェーンがあると思います。

献血に行ったらトークンがもらえて、トークンを使って支援もできるし、別用途として自分の娯楽に使えるなど。

今なら話題性もあるので、献血に望む人をかなり増やせるのではないかと思いますが、投機的になりすぎてしまっては寄付事業の目的自体が異なってきてしまうため、その兼ね合いは難しいと感じています。

 

ただ寄付事業にブロックチェーンを活用することで得られるメリットは、とても大きいということは確かだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blockchain EXE Code #2 Hyperledger Composerの回に参加しました。

本日、Blockchain EXE Code #2

『Hyperledger Composer を使ったブロックチェーン実装』に参加してきました。

 

これまで僕が経験があるブロックチェーンは、Ethereum で Solidity だけです。

その為、今回の目的としては、Hyperledger Composer の入門知識を取得、

Hyperledger と Ethereum の適用領域の違いを把握ができることをゴールとしました。

 

まず、勉強会のメインである Hyperledger Composer ですが、

ブラウザ上で Hyperledger を簡単に実行できる環境となっており、ボタンをポチポチするだけで必要なオブジェクト郡が自動作成され、ブロックチェーン環境が簡単に作れます。

ブラウザ画面内で雛形もいくつか用意されているので、実用モデルを学びながらコーディングすることが可能です。

Ethereum もブラウザ上の開発環境として Remix がありますが、

たしか雛形までは無かったような‥?

Hyperledger を簡単に学ぶ環境として、とても整っている印象を受けました。

composer-playground.mybluemix.net

 

次に Hyperledger と Ethereum の適応領域に関してですが、参加者の方からの質問のやり取りでわかったことがあります。

Hyperledger の場合、実際のブロックチェーン稼働レベルまで行った場合に環境面の敷居が高いそうで、そこにはIBMクラウド環境が必要だったりと、エンタープライズ向け感がとてもでています。

(そもそもブロックチェーンのメリットが欠けるのではないかと思いましたが。。)

ただ、それはあくまでもエンタープライズ向けにセキュアな利用を目的としている為なんですよね!

実際、Hyperledger に通貨は無く、ネットワークへの参加者も制限される仕組みです。

その為、ブロックチェーン自体の非改ざん性も合わせることでこれまで以上に堅牢なアプリケーションを構築できるのだそうです。

まさに銀行など高セキュリティが必要なエンタープライズには最適ではないかと思います。

 

対して Ethereum は、トランザクションには通貨がかかり、誰もが参加することが可能なパブリックなネットワークです。それ故に構築されるアプリケーションは一種の経済圏の構築に似ているんじゃないかと思っています。経済圏で利用される通貨が、パブリックが故に外界へもどんどん広がり、時にゲーミフィケーション的な要素を含んだ利用を通して、一層の価値を生み出していきます。

まさにコミュニティ向けになっているのだと思います。

 

今回、Hyperledger に触れたことで、エンタープライズにおけるブロックチェーンのメリットってなんだろうっていう疑問が少し溶けた気がします。

そもそも概念的にそれってブロックチェーンって呼べるのかという考えもありますが、

適材適所にブロックチェーンが広まることで、新しい応用も今後出てくるのではないかと思います。

 

www.ibm.com

 

 

 

 

 

 

BlockchainEXEイベントに参加しました。

昨日、初のBlockchainEXEイベントに参加してきました。

『Blockchain EXE #9 ブロックチェーンが築く経済圏 将来展望と課題』

過去いろいろなイベントに参加しましたが、かなり学びのあるイベントでした!

都合が合えば懇親会参加したかったが、今回は残念。。

LTがあったみたい?なので、公式ブログで掲載されたら嬉しいです。

 

今回最も学びになったのは、株式会社アイリッジ川田さんによるお話で、

飛騨信用組合さるほぼコイン」など地域や特定領域における通貨のお話でした。

さるほぼコインは、以前WBSで拝見したことがありましたが、今回詳しくお話をお聞き出来て本当に素晴らしいものだと改めて感じました。

 

さるほぼコインの利用にあたり、コインのチャージはまだ窓口での入金にとどまるなど、クレジットカード等は今後対応とのことですが、逆にその段階性が地域にはあっているのかもしれないと感じました。

というのも、たしかにテクノロジーが好きな方からすれば、スマホで入金できるやブロックチェーン利用って言葉は馴染み深いし、インパクトが有ってぜひ使いたい!という気持ちになるかもしれません。

しかし、テクノロジーをあまり知らない方々(なんて表現したらいいかわからないので、失礼な言葉になってしまったら申し訳ないのですが、、)の場合、いきなり決済の方法が極端に変わってしまったり、使われているテクノロジーがという話は知ったことではないし、逆に受け入れがたいものとなってしまうと思います。

前に、地域にテクノロジーを導入する場合は、とことんシンプルなインターフェースが好ましいという話しも聞いたことがあるのですが、やはりそうなのかなとも改めて感じました。行き過ぎたテクノロジーは逆にインターフェースを複雑化させてしまいます。

 

僕は学生の頃の研究にて、電子通貨に興味があり、中でも地域通貨があれば一定内の地域にとって外部との差別化を図れ、身内を盛り上げることができるのではないかと考えたことがありました。(どこかの教習所?合宿では、合宿中にいいことをすると専用紙幣がもらえたような話を思い出しました。)

 

今回のさるほぼコインのお話を聞いて思ったのは、テクノロジーの発展で域内の方以外も味方にすることができるようになったため、より地域を盛り上げる意識にもつながったのかなと思いました。

外部からすれば、「なんかあの地域盛り上がっているな」って感じで、気になる=何かしたくなるような気持ちになるのではないかと。ある意味嫉妬的な。

 

話はブロックチェーンの話に変わりますが、

この外部からすれば嫉妬したくなるような地域を作ることで、そのタイミングこそブロックチェーンの活かすことができる機会なのかなと思います。

ブロックチェーンでは、特定のコミュニティでトークンを盛り上げる、いわゆるトークンエコノミーを作ることが有力な力だと思いますが、これはそのコミュニティ内だけが盛り上がっているだけではあまり意味がなくて、外部にもファンが居るからこそブロックチェーンを使ったトークンエコノミーを活性化させることができるのではないかと思います。

つまり、、ブロックチェーンの技術って、特定のコミュニティ内だけで活かせるかというと、それではそのコミュニティが崩れたら終わり(全チェーンの崩壊)なわけで、外部にもそのコミュニティに共感してくれる方がいるからこそ、チェーンが途切れずコミュニティの外へも繋がって行き、コミュニティが崩れたとしても、外部のファンの力(外部へ繋がっていたブロック)を得て、コミュニティの絆は途切れずに本当の繋がりの連鎖を生じさせることができるのではないかと思います。

 

それにしてもオフィスコインは、僕の会社にもぜひ導入して欲しいと思いました。

自社ではオフィスグリコを導入していますが、意外と100円って財布に無いんですよね!他でカード決済が多くなったせいか、余計に小銭が作りづらいのです!!

 

ブロックチェーン学習の始め方

ブロックチェーン学習ですが、じわじわと進めています!

学習を始めていく中でいくつか課題が発生しましたが、今回は"学習の始め方"に関してです。

 

まず学習の取っ掛かりですが、人によっては最初からプログラミングしてイメージを広げる方もいるかもしれませんが、僕の場合は実装のイメージが沸かないと混乱しそうだった為、まずはブロックチェーンの実装イメージの把握から入りました。

 

イメージ把握にあたり、いくつか書籍だったり適用事例を読みましたが、一番役に立ったのはスタートアップウィークエンド主催のブロックチェーン・アイデアワークショップです。

ワークショップとして、数人のグループに分かれて、『◯◯×ブロックチェーン』のアイデアを議論し、アイデアピッチに臨みます。

皆さん、それぞれブロックチェーンに対する思いも違う為、自分と違った考えを持っている方もいらっしゃり、自分に無い観点でブロックチェーンを考えられました。

また、思いもよらなかったアイデアにも出会えて、余計にブロックチェーンに対する期待が高まりました。

僕の場合、同じグループの方で、ブロックチェーン・アプリケーションで、既存のビジネス向けアプリケーションを置き換えられるか、そのメリットは何かという考えを持っている方もおり、そこまでの観点を持っていなかった僕としてはとても勉強になる機会でした。

 

今月も開催されるようですので、実際に実用アイデアから考えてみたいって方は是非参加してみてください。

swtokyo.doorkeeper.jp

 

また、いろいろとブロックチェーンとは何かが腑に落ちてきたところで、実際にアプリケーションに触れてみたいと思い、ようやくスマートコントラクト開発を学習しています。

今はSolidityを触っていますが、ブロックチェーンの仕組みから丁寧に説明してくれているので、『ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書』はとてもオススメだと思います。

 

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

 

 

ブロックチェーン・エンジニア

今年はブロックチェーンを深く勉強し、ブロックチェーン技術を語れる、実装できるエンジニアを目指したいと思います。

 

僕がブロックチェーンを初めて知ったのは2016年のWIRED特集でした。その時初めて、サトシナカモト氏による分散型台帳の考え方を知り、エストニアを中心に欧州からブロックチェーン技術を利用した新しいサービスが広がってくると思いを巡らせていました。

 

そんな思いを感じながらもブロックチェーンに関しては傍観した2017年でしたが、昨年の日本ではビットコインの沸騰が話題となり、それ故か金融業を中心にブロックチェーン技術の話を耳にするようになりました。

他でもブロックチェーンの技術利用は進められてるようですが、大々的に聞くのは金融業が多い気がします。

 

僕がブロックチェーンに一番に衝撃を受けたのはWIRED記事で知った様々な利用の可能性です。

このブロックチェーンの技術があれば、もっとテクノロジーを社会に浸透できるとも思いました。(今はまだテクノロジーはお金持ちが優勢な扱いだと思っています。)例えば、寄付のサービスでは、受給者と支援者の間に透明性を持った仕組みを実現できるのではないでしょうか。そのほかにも活用できることは多く存在すると思います。そして、その中でエンジニアとして関われるようブロックチェーンについてもっと詳しくなりたいと思いました。

 

まずは書籍等で独学しつつ、コミュニティやミートアップに参加して知識を深めていきたいと思います。

書籍に関しては、BLOCKCHAINEXEさんの纏めを参考に学習を進めたいです。

気軽にできる!ブロックチェーンの仕組みが理解できるおすすめ勉強本5選(初心者〜上級者編)

 

実装に関するプログラミングに関しては、Udemyで以下を購入したので、基礎学習が進んだら着手したいです。

Ethereum Blockchain Developer: Build Projects Using Solidity | Udemy

 

そして知識を最初からつけて行くために、改めてWIREDのブロックチェーン特集号を読みましたが、やはりこの号は夢が膨らみます。

ブロックチェーンって何だろうって方にはぜひ読んでほしいと思います。

 

 



 

 

 

 

31歳のエンジニアが迎えた2018年

あけましておめでとうございます。

2018年も始まり、みなさん、既に昨年の振り返りや新年の抱負を掲げていらっしゃるのではないでしょうか。

僕も31歳となり2018年を迎えたわけですが、まずは昨年を振り返りつつ、新年の抱負を掲げたいと思います。

 

思えば2017年はあっという間でした。

2016年にシリコンバレー〜サンフランシスコを訪れたことで、僕の考え方は180度変わり、それまではマネジメントやサービスを生かす側でやっていきたいと思っていましたが、現地のカンファレンスに参加し、現地企業やエンジニアの方々に触れたことで、自分も何かを作り出す側でありたいと強く思うようになったのです。

 

当時は自分は1人で何ができるのか、職場では自分の技術力を活かせるかもしれないけれど、外に出たら1人では何もできないんじゃないかなど、自分の無力さに焦りも感じていました。

そこから一年、がむしゃらに色々なセミナーに参加し、自分が今後やって行きたいことを見つけることが2017年だったと思います。

中途半端かもしれないけど、少しでも興味があることは何でもふれてきました。

 

そんな中で一番心を動かされたことは、Wantedly仲暁子さんの『先人から自分が受けている恩恵を社会に返さなければいけない』という言葉です。

僕はこの言葉を軸として、エンジニアとして社会に役立てる形で恩返しできたらと思うようになりました。

 

そして、2018年。

今年はもっと思いを形にできるように、以下のことをもっと深く挑戦していきたいと思います。

 

まずは社会活動へ貢献です。

昨年参加して感銘を受けたCivicTechなど、自分の得意を少しでも社会へ生かせる活動に参加したいです。また、欲を言えば、そういったサービス開発に携わりたいとも思っており、そろそろ自分の人生の転機としても考えたいです。

 

次に自分の技術力の向上です。

昨年通りプログラミング力を継続して力をつけて行きますが、今年はきちんとアウトプットを重視します。学んだことで、何かしら形になるもの、誰かに役立つツールなど、形として残したいです。

 

また、人と出会う機会も増やしたいです。

僕の好きな言葉に、『出会いは人を変え、感動は人を動かす』がありますが、人と出会うことは本当に刺激になります。

人見知りなので言葉数が少ないですが、もっと出会いを広げられる年にしたいです。

 

さぁ、1年頑張るぞ!

 

 

Developers.IO 2017 に参加してきました。

『Developers.IO 2017』 

昨日、クラスメソッド株式会社主催の『Developers.IO 2017』 に参加してきました。

 

参加中の証として紙のリストバンドを頂いたのですが、フェス感があって良かったです。(なぜ写真撮らなかったのか。。)

無料ガチャも少し遠慮してたらいつの間にか無くなってて(なぜ最初にやらなかったのか。。)

 

受講してきたのは以下4セッションです。

・【K-1History of AWS, Still Halfway through

・【A-1】 クラメソの請求を支える技術(サーバーレス編)〜40歳中年エンジニアの生存戦略

・【A-2】 基礎からの OAuth 2.0 〜 認証と認可の概念、認可コードとアクセストークンの意味 〜

・【G-3】 Ansibleハンズオン on AWS 

 

当初は後半もセッションを聞いて学ぶ予定でしたが、急遽空きができていたのでハンズオンで実践することにしました。

 

K-1History of AWS, Still Halfway through

これまでのAWS、これからのAWS、そしてこれからのクラメソさんのお話でした。

考えてみれば僕がこの世界に関わる前から、1996年からAWSはスタートしていたんですね。(恥ずかしながら知らなかったです。)SQSから始まり、S3もその頃からスタートしていたという。。歴史が凄い!

そして今では70を超えるサービスを提供してくれています。

いつもお世話になっているAWSさん、まだまだ端っこしか掴みとれていない気がします。まだまだ学ぶことが多い!

 

【A-1】 クラメソの請求を支える技術(サーバーレス編)〜40歳中年エンジニアの生存戦略

40歳のエンジニアさんのお話を聞きにきました!ってのは少しで、メインはやはりサーバレスのお話。

詳しくはブログをご覧いただければと思いますが、Lambdaを利用したサーバレス環境はやはり手軽感が強い。でもまだそれを実稼働って考えまではありませんでした。

色々なサービスが既にマイクロサービスとしてAPIで繋がることをメインとして作られているが故に、それらを繋ぐもの(AWS Lambdaなど)があれば、素早くサービスを開始できる、今はそういう環境にいることはとてもワクワクすることです。

 

【A-2】 基礎からの OAuth 2.0 〜 認証と認可の概念、認可コードとアクセストークンの意味 〜

OAuth 2.0!言葉は知っていましたが、認証・認可含めて、知識がなかったのでとても理解の深まる講義でした。

でも結局は僕らが欲しいのは OpenID Connect?

APIを利用する上では、この辺の知識をしっかりと見に付けたいな。

 

【G-3】 Ansibleハンズオン on AWS 

仕事でも最近取り組みが徐々に始まったAnsibleです!

ymlってファイルに書いて実行すれば、環境ができるよっていう構成管理ツールってことは知ってましたが、知っていることと、実践したことがあることは全然違うと思うので急遽受講してきました。

結果として、どんどん使っていきたいって思いました!

AWS環境でも生かせることは間違いないですが、僕の職場では内部に抱えているプライベートなサーバもいくつか存在するので、そちらの管理にはとても生かすことができそうです。

今回実践で利用したWordPress環境作成用ですが、ApacheMySqlの環境構築はそのまま生かすことができるのでありがたい限りでした。

実践の中で、エラーにハマることもできて。。どのようにデバッグするかなど、予備知識も少なからず付けられたのかなと。

実際使い始めるとまだまだハマることは多くなると思いますが、実践に生かせる知識が付けられる機会はとてもありがたかったです。

 

ハンズオン参加もあったため、講義的なものはほとんど聞くことができませんでした。

11時スタートだと、短かったなーって感想です(笑)

ですので、あとはブログを拝見して勉強したいと思います。 

また、次回も参加したいです!

 

*詳しい内容はクラメソさんのブログに上がっておりますので、そちらをご覧ください! 

dev.classmethod.jp